banner

相互リンクを結んでくれる相手とは

ブログやWEBサイトの存在理由にも様々なものがあります。アフィリエイトで収益を上げるために運営されているブログやWEBサイトは、そのWEBマスターが並行して管理しているものが複数ある可能性があります。そのような場合、ひとつひとつのWEBサイトを連結させて、自身の管理するWEBサイトやブログ群だけで強固なネットワークを構築していることもあります。そのような相手はは比較的相互リンク締結の交渉には乗ってこない場合が多いでしょう。わざわざ他の人のWEBサイトと提携を結ぶのではなく、自身の管理するものだけで十分だからです。或いは、収益を上げるために囲い込みたいにも関わらず、他の人のWEBサイトにユーザーを逃がしてしまってはもったいないからです。
そのようなWEBサイトは、相手のサイトを分析する中である程度は掴めると思います。コンテンツや記事の内容が明らかに既存製品のことであったり、本文中に申し込みや購入などのアクションを促す内容が溢れている場合は、「アフィリエイト」で収益を上げたいのだ、と捉えてもよいでしょう。そのようなWEBサイト運営は間違っていませんし、否定することは出来ませんが、少なくとも相互リンク向きではありません。ですから、交渉の対象としては除外した方が時間が節約できるでしょう。
相互リンクの誘いに乗りそうなWEBマスターというのは、純粋に「情報」を提供したいと考えているようなWEBマスターです。趣味のことや自分が好きなことなど、ユーザーにアクションを求めるのではなく、何か有益な情報を提供したくてWEBサイトやブログを運営している人、ここが狙い目です。それはやはりWEBサイトやブログのコンテンツや記事内容から汲み取ることになります。
どのような内容がそのような方に該当するかというと、「アクションを促さない」という点がポイントです。そのようなWEBサイトは、「多くの人に見てもらいたい、知ってもらいたい、共感して欲しい」と考えているはずです。自身の管理するWEBサイトに訪れたユーザーがそのあとに他のサイトに回遊しても一向に構わないのです。そのようなWEBサイトこそ、相互リンクの相手となります。
そして、その中でも自身の情報を少しでも開示していて、「連絡先」としてメールアドレスや連絡フォームなどを設けているWEBマスターは、コンタクトがあることを前提にWEBサイト、ブログを運営しています。日頃からWEBを通じて連絡が入ることが「普通」であるのです。そのような相手であれば、コンタクトをとればしっかりとしたレスポンスも期待できますし、交渉がスムーズに進む可能性が高いでしょう。
そのWEBサイト、ブログの運営理由などがプロフィールに記されている場合は、もっとわかりやすいです。そこに共感出来るかどうかは別として、コンタクトを取る際の「ネタ」として活用できるからです。相互リンクの交渉に乗ってくれる相手とは、そのようなWEBマスターの場合がほとんどです。

Copyright(c) 相互リンクから始まるホームページ宣伝 All Rights Reserved.