banner

相互リンクの誘いを断るためには

WEBサイトやブログを運営していて、連絡先、または連絡窓口としてのメールフォームを用意していると、様々な方から様々な提案や申し出があるものです。その中には相互リンクの提案などもあるでしょう。ですが、なんでもかんでもリンクを締結すれば良い、というわけではありません。飛び込んでくる全ての提案を飲むことは難しいのです。「断る」ということをしなければいけない局面の方が、実は多いのです。
WEBサイトやブログは誰でも簡単に作れますし、今では「メールアドレス」なども複数所有することが当たり前になっています。ですが行き着く先は運営していたり所持している「人」ですから、連絡を取ろうと辿っていけば必ず「誰か」に行き着きます。そのため、匿名であれなんであれ、「営業ツール」としてWEBサイトやブログから連絡先を探しあてるといったことをする事業者もいるものです。そして、一旦流出した「メールアドレス」はリスト化され売買され、不特定多数の方から宣伝メールが乱発される、という事態になります。そのようなメールの多くは「spamメール」と呼ばれ、忌避されるものです。spamメールはメール運営元の独自のアルゴリズムでフィルターされることが当たり前になり、私たちのメーラーには届かないことも多くなってきました。
ともあれ、「WEB」というツールは「連絡を容易に取れる」手段でもあるのです。ですから、WEBサイトやブログを通じて様々な情報が飛び込んできたり、提案されたりするものなのです。その全てに返信していては、時間も手間も膨大になってしまいます。ですから、「申し出を断る」ための常とう手段としては「反応しない」ということが最善です。
相互リンクの提案が飛び込んできた際には、すぐに返信しないで相手のWEBサイトをよく調査するところからはじめましょう。サイトの規模やテーマ、そしてターゲットキーワードなどを調査して、不利益にならないと判断できてから返信すればいいのです。もし相互リンクを締結する価値がない、と判断したらスルーしても失礼にはあたりません。もし先方から届いた内容が丁重なものであった場合、丁重に断りの返信を入れてもかまいません。その際の断る理由は「知人のサイトとしか相互リンクしないようにしている」など、様々なものが考えられます。間違っても相手のサイトを非難したり、批評したりすることは避けましょう。そのように返信してしまうと無用のトラブルに発展してしまうことだってあるのです。
うまく断る口実が思い浮かばないときは、返信しなくても失礼にはあたりません。もし自身のWEBサイトやブログの利用者だと感じたら、返信しておけば今後も訪れてくれるでしょう。ですから状況に応じて臨機応変に、柔軟な対応をとるようにしたいものです。正直に全てのコンタクトに対するレスポンスを送るのは、結構重労働となってしまうこともあるのです。

Copyright(c) 相互リンクから始まるホームページ宣伝 All Rights Reserved.